進化したエロアニメ・3DCGの魅力

エロアニメの進化形と言われている3DCG。そんな3DCGエロアニメの魅力を説明します。


わが国におけるアニメ表現の追及は、留まるところを知りません。日本ならではの技術と仕事の細かさとオタク文化が組み合わさりわずか数年足らずでも飛躍的な進歩が見られます。表現方法や動きの細かさ、塗りのリアルさなど、それぞれ説明するとキリがないでしょう。エロアニメについても同様で、アダルトジャンルの、更に一部のファンのみに向けて作られるような作品であるにも関わらず高い完成度が追求されています。

そんな傾向の中でも特に際立った存在となっているのが、3DCGです。エロアニメは平面的な二次元作品ですが、三次元空間内の仮想的な立体物を平面上に表現する事でまるでアニメ世界を間近で目撃しているような感覚が味わえるようになっています。つまり、エロアニメを現実世界で見ているような感覚で楽しめるというわけです。まさにエロアニメと実写の中間的な映像表現といえるでしょう。ただでさえ魅力的なエロアニメが立体的になるのですから、興奮度も一層増すでしょう。

【3DCGエロアニメの注目ポイント】

3DCGは、とにかくリアルさの追求された作品です。そのため、二次元映像でありながら、どれだけリアリティを表現できるかにこだわられています。注目ポイントとしては、肌の艶や体の曲線、髪のリアルさ、表情の豊かさなどです。実写とは違い、すべて創作物なわけですから、いずれも理想的な美しさに仕上がっています。同じリアルさが感じられる映像であっても、その点は実写以上の魅力になってくるでしょう。また、胸の揺れやピストンによる体の動きなども注目してみてください。画のみならず、動作までこだわれるのが3DCGの特徴です。まさに、目の前でアニメ世界が繰り広げられているような気分にすら浸れる事でしょう。

【3DCGならではの楽しみ方】

またリアルなアダルト作品を楽しみたいのであれば、実写AVで問題ないでしょう。ですが、それでもなお3DCGのエロアニメが魅力的に感じられるケースがあります。それは、ロリ作品を楽しみたい時です。近年では「ロリ」の規制が厳しくなり、アダルト業界においてロリ表現が際立つ作品は制作が難しくなっています。18歳以上の正規の女優を起用している場合であっても「18歳以下は出演していない」といった補足書きが欠かせなくなってきているほどです。その点、エロアニメならかなり自由が利くのが嬉しいところ。本格的にロリな女の子がエッチするシーンでも、描けてしまいます。3DCGであれば、エロアニメでありながら、かなりリアルに表現できます。つまり、法的に不可であるロリな女の子のエッチシーンが、リアルに堪能できるというわけです。エロアニメ好きのみならず、ロリ好きにもたまらないジャンルに感じられる事でしょう。